公道マリオカート(マリカー)事故・裁判まとめ|過去動画と事故件数は?2020任天堂勝訴

2020年1月29日、以前から問題視されていた、公道マリオカート(マリカー)に対し、

任天堂が勝訴5000万円の賠償金支払いを命じる判決を言い渡しました。

当初の1,000万からの跳ね上げとなりましたが、過去に実際起きた事故や裁判を簡単にまとめてみました。


公道マリオカート(マリカー)裁判、任天堂が勝訴し賠償金5,000万に|2020

今回、任天堂が勝訴した内容は以下のとおり。

任天堂が公道カートレンタル業のMARIモビリティ開発(旧称 株式会社マリカー)を不正競争防止法違反等で訴えていた事件で、

知財高裁は1月29日、MARIモビリティ開発に対し5000万円の賠償金支払いを命じる判決を言い渡しました。

これに対し、MARIモビリティ開発は

当社の主張が認められなかった部分については誠に遺憾であり、内容を精査して引き続き対応して参ります」とコメントしています。

判決に関し、納得はしていないようですね…

出典:https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-29-5000.html


公道マリオカート(マリカー)裁判|任天堂が訴訟を提起した2017年

任天堂は、自社のゲーム『マリオカート』の略称である『マリカー』を(当時の)マリカー社が社名に用いたうえ、

マリオやヨッシーなどキャラクターのコスチュームを貸し出して撮影した写真や映像無許可のまま宣伝・営業に利用していることから、

著作権侵害・不正競争行為にあたるとして、2017年に差し止めと損害賠償を求める訴訟を提起していました。

公道マリオカート(マリカー)裁判|1000万円の支払いを控訴した2018年

2018年、東京地裁はマリカー社側に1000万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

これに対し、マリカー側は不服として控訴。任天堂側も地裁判決で認められなかった点を不服として、

1000万円だった請求を5000万円に増額して控訴していました。

2017年からおよそ3年を経て、見事、任天堂の勝訴。この後はどうなっていくのでしょうか?

引き続き見守りたいと思います。


公道マリオカート(マリカー)事故・裁判まとめ|過去動画

まずは動画にて過去にどんな事故があったかまとめてみていきましょう。

公道マリオカート(マリカー)事故動画【六本木】2018年4月30日

マリカーは基本的に列をなして走っているようなのですが、2台目に運転していたシンガポール人女性(30代・訪日客)が

アクセルとブレーキを踏み間違え店の看板に突っ込んだ事故。怪我人はいなかったようです。

公道マリオカート(マリカー)事故動画【銀座】2017年10月17日

こちらも2番目に走っていた韓国人男性の運転するカートが、停車中のワゴン車の側面に接触した事故。

ケガ人はなし。こちらも訪日客の方でした。

公道マリオカート(マリカー)事故動画【渋谷】2016年12月

こちら詳細不明ですが、場所は渋谷のスクランブル交差点脇のようです。

投稿の日付からだと2016年12月23日頃のようですね。

公道マリオカート(マリカー)事故ではないが危険運転!?動画【渋谷】2017年2月

こちらは事故ではないですが、車体が低く他の一般車から見づらいためか…

接触事故になりかねない危険なシーン。よくある光景なのかと思われます。

渋谷なんかを歩いているとかなり頻繁にマリカーに出くわします。

事故には至らずとも、一般車やトラックなど大型車を運転している人にとっては

うろちょろされるだけで、たまったもんじゃないかと…

公道マリオカート(マリカー)事故・裁判まとめ|過去から現在で何件?

警視庁によると、2017年3月からの1年間だけ、東京都内のみで、事故は50件あり、

内訳は、乗用車に追突したり、ガードレールなどに衝突したりした物損事故が48件で、人身事故は2件

(※カート側が過失の重かった事故は44件)また、9割近くが外国人関連だったとのことです。

当初は在日米軍関係者をターゲットにしていたこともあり、そこから広がったとの噂も。

台湾人の男が公道を走行するカートで千代田区を走行中、自転車の少年をはねて逃走、逮捕された事件もあったようです。

公道マリオカート(マリカー)ひき逃げ事故で逮捕【神田】2018年2月23日

2018年2月23日には、千代田区外神田2丁目の交差点で、自転車の少年(18)をはねて逃走したとして、

自動車運転処罰法違反(過失傷害)などの疑いで、台湾籍の男(35)が逮捕

警視庁は26日、都内にあるカートのレンタル関連業者に安全対策の徹底を要請した。

出典:https://www.bengo4.com/c_23/n_9085/

このように逮捕者まで出しているマリカー…今後どうしていくつもりでしょうかね。

唯一の救いは、死亡に至るような大事故は報告されていないということでしょうか。


まとめ

本件に関しては、情報入手次第、随時更新してまいります。

今回は2020年1月29日、以前から問題視されていた、公道マリオカート(マリカー)に対し、任天堂が勝訴5000万円の賠償金支払いを命じる判決を言い渡したということで、

過去に実際起きた事故や裁判を簡単にまとめてみました。

危険運転や事故など、本当に迷惑なのでしょうが、外国人のファンからしたらたまらないのでしょうね。

ただ朗報が!2020年夏頃、大阪のUSJにて、「マリオカート」ライド・アトラクションが登場するそうです。

そちら詳しくは追って記事にしたいと思いますのでお楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です